うつ病の原因を把握して予防~ココロの病注意報~

woman

病気になりやすい要因とは

woman

初期症状とは

うつ病は、日ごろのストレスが溜まり過ぎていることが原因とされています。要因としては普段気にならないことが気になってしまったり、自分で追い込んでしまう方がなりやすいとされています。以前であれば引き込んでしまったり、活力が出なかったりという傾向がありました。最近では大きな変化が見られない症状になっているうつ病が多いとされています。症状としてはボーっとしたり、眠気や動悸、イライラなど、以前ではなりにくかった症状が頻繁に起きることがあります。この様なことが長期間続くとストレスの排出先がないため、自分の中で抑えてしまってしまうということになります。このようなことから以前からのうつ病が進化して症状が分かりにくくなっているという傾向が多くあります。家族の方が気付かない時は深刻化していきますので、普段から会話を心掛けるようにし、うつ病にならないようにしていきましょう。気を付けないといけないのは自分はならないと思っている方の方がなりやすいということを覚えておきましょう。

どのような対応をするのか

うつ病の原因としては自分を追い込むということですので、接する方はその方を否定してはいけません。その場合、再度自分を追い込んでしまうようになってしまいます。また、急に接しても無理をし過ぎてしまいますので注意が必要です。普段なかったことが突然起きることによって更にストレスが大きくなってしまうだけです。相手が話したいと思う時に話しかけたり相談を受けたりすることをオススメします。また家族や友人だけでは対応することが出来ない場合もあります。人によって原因が異なります。そもそも原因自体が分かりにくいため追及しにくいのですが、いまはきちんとうつ病に対応してくれる専門機関があるので、そこで相談を受けたり治療を受けたりすると早期回復が期待出来ます。そこでは薬物療法や心理療法、漢方療法など、その人に合った方法で治療を行なってくれます。もしうつ病の人が受診を拒否しても、最初に家族などが相談に行くことも可能です。そのままにしていると悪化していく恐れがあるので、早めに原因追求も兼ねて専門機関に行きましょう。