うつ病の原因を把握して予防~ココロの病注意報~

smile

いったい何がきっかけなの

nurse

うつ病になってしまう原因は一つではありません。これらのことが複合的に合わさって発症することもあります。当てはまるものがあるなと思ったら、まずはどれか一つだけでも改善していくと、うつ病発症の予防に繋がる可能性があります。

View Detail

誰にでも起こる病気

女性

うつ病は体と心に症状があらわれるようになるのです。意欲の低下、食欲低下、過食、不眠、憂鬱感などがあらわれるようでしたら病院で診てもらうことが大切でしょう。うつ病の原因で一番多いのはストレスなのです。ストレスは溜めすぎないようにすることが大切です。

View Detail

うつの症状

女性

うつの概要

うつ病は著しい落ち込みを主な症状とする精神疾患です。普通の落ち込みは自然に治るものですが、うつ病の落ち込みは自然に治ることはほとんどなく、最悪の場合には自殺に至る等、大変恐ろしい精神疾患の一つです。しかも、ストレス社会と呼ばれる現代社会においては、うつ病にかかる人は20〜30%もおり、決して他人事ではありません。そのうつ病にかかる原因ですが、いくつかの種類があります。その一つが、対人関係や仕事の重圧、環境の変化といったストレス全般が挙げられます。その他には、近年、明らかにされたセロトニンの減少が挙げられます。セロトニンというのは脳内伝達物質の一つで、快物質と呼ばれる、心地良さや痛みを緩和する働きを持つものです。これが十分に脳内に分泌されれば、それ程落ち込むことなく過ごすことができますが、これが少なくなるとうつ病になると言われています。そのセロトニンが少なくなる原因として日光が挙げられます。人は通常、日光を浴びるとセロトニンが分泌されますが、日光を浴びる時間が少なくなるとセロトニンも少なくなり、うつ病にかかりやすくなると言われています。

うつを治す方法

うつ病は恐ろしい精神疾患の一つですが、治す方法もまた存在します。その方法が、うつ病の原因を無くしていくというものです。つまり、ストレスを減らし、セロトニンを増やすというのが基本となります。うつの原因であるストレスも対人関係等、様々なものがありますが、近年では精神科デイケアで、職場復帰するための対人コミュニケーションを向上させるプログラムがあったり、認知行動療法やカウンセリングといった心理療法により、ストレス耐性を身に付け、解消させるということもできます。また、精神科のクリニックにかかれば、うつ病のお薬も処方してもらえるので、それを服薬することでセロトニンを増やすこともできます。お薬を服用することでセロトニンを増やすこともできますが、普段より日光を浴びる為に外出するとか、自分でできる治療法もまたあります。しかしながら、もし、死にたくなる程の落ち込みが強く、実際に行動を起こしてしまうようであれば、やはり、専門の医療機関にかかる方が良いと言えるでしょう。

うつは病院で治療しよう

heart

自分、または周囲の人がうつ病になったら知っておきたいのが病院で治療することによって改善できるということです。病院との治療と併用して休息する、またうつ病の原因から離れるなど治療方法を工夫することによって心身ともに元気になることができるのです。

View Detail

ストレスをためない生活

nurse

うつ病の原因には多くの要因が絡み合っていますが、ある特定の性格には発症しやすいという傾向がみられます。ストレスをため込むことが引き金になるので、ストレスの要因になることから遠ざかることでうつ病になることを防ぐことができます。

View Detail

病気になりやすい要因とは

woman

うつ病になる原因はいまだに分かっていない部分がありますが、その症状はいろいろと分かってきています。ストレスなどが元になることもあるので、それをなくすためにも、専門機関への受診が欠かせません。

View Detail